Feature

社会保険労務士事務所AdjustHRの特徴

About「中野社会保険労務士事務所」

About

「社会保険労務士事務所AdjustHR

必要な情報にすぐにアクセスできる「シンプルで美しい人事労務」

人事労務業と言えば、書類の山、専用システムによる業務を思い浮かべられるかも知れません。しかし、事務や手続きを行う上で、本当に大切なことは「必要な情報にいつでもアクセスできること」ではないでしょうか?

法律や行政の電子化が進む中、社会保険労務士事務所AdjustHRではお客様のコーポレート全体の環境を踏まえ、無理のない電子化、システムや書類の標準化を通して、人事労務業務の改善をサポートします。

法律のプロフェッショナルとして。 中野社会保険労務士事務所のミッション

法律のプロフェッショナルとして。 社会保険労務士事務所AdjustHRのミッション

「お客様の運用」と「法的な根拠」の両立を大切にしています。

インターネットがこれほどまでに発達し、スマートフォンを前に悩みを検索すればたくさんの「情報」に出会うことができるようになりました。

しかし、私がこれまでお会いした経営者の方は、今この瞬間も頭を抱えています。悩み続けているのです。

会社の理念は変わらなくても、法はもちろん、社会や人は絶えず変化しています。人事労務という分野は、会社を大切にしつつ、その変化の中で「会社と人」のより良い関係を築いていかないといけません。 労務トラブル、給与計算や手続きのミス、会社の利己的な主張、ちょっとした認識のすれ違いで、会社と従業員の信頼関係は崩れることを何度も見てきました。

我々社会保険労務士の仕事は、「法律を守らせること」「就業規則や制度をつくること」「正確に手続きや給与計算をすること」だけではありません。

会社の人事労務が適切に機能し、会社と従業員が信頼関係をもち、適切なパフォーマンスを発揮できる環境を作る。変化に合わせて、人事労務の判断をより広い視点と、深い洞察を持ってお手伝いし、その悩みを解決することが大切だと考えています。

だからこそ、経営者のみなさんの「人事労務の悩みを取り除くこと」を最優先に考え取り組みます。

mission1

従業員以上の専門性を持ちながら
顧客事業へコミットします

世にありふれた「情報」ではなく、法的根拠に基づいた品質をご従業員以上の専門性を持ちながら顧客事業へコミットします提供します。 しかし、正しさだけでは社労士としては不十分です。

従業員との関係
現在の会社の状況や実情や背景

これらを踏まえた上で、目的に沿った回答を「白・黒・そしてその間のグレー(これが大事)」で丁寧に紐解いていき、実施支援いたします。

対面だけではなくslack、ChatWorkなど様々なWebのコミュニケーションツールで、迅速に担当者とやりとりができる仕組み作るなど、社労士としての専門性を持ちながらも、しっかりと寄り添い、本当の解決までコミットします。

mission2

シンプルで美しい人事労務を作る

複雑で細かい制度やシステムは、人を幸せにしません。

事務や手続きを行う上で、本当に大切なことは「必要な情報にいつでもアクセスできること」ではないでしょうか?

シンプルであること
運用しやすいように整えられていること

これらができていないと、引き継ぎの際に混乱を招いたり、大切なデータが見られなくなるということになりかねません。

社会保険労務士事務所AdjustHRでは

クラウド(Google DriveやDropbox)で常に最新の情報を管理し提供すること
運用フローを整え、お客様が確認、アクセスしやすい環境を整えることを約束します。

「シンプルで美しい人事労務を作る」は社会保険労務士事務所AdjustHRのミッションです。

労務で悩む企業をゼロにするために。
独自に人事労務システムの研究を進めています。

人材不足が社会問題となる中、社労士にできることは、経営者の皆様がより創造的な活動に集中できる環境を整えることであると考えています。

社会保険労務士事務所AdjustHRが目指すゴールは「労務で悩む企業をゼロにすること」。その先に、日本経済の更なる発展があると確信しているからです。

「労務で悩む企業をゼロにする」

その一歩は日々の業務改善です。

業務改善の取り組みのひとつとして、社会保険労務士事務所AdjustHRでは、日々人事システムの研究を進めています。

freee、マネーフォワード、smartHR、オフィスステーション、ジョブカン、King of Time・・・。

この数年間で登場した人事労務システムは、人事労務で悩む多くの企業の負担を軽減してきました。現在も様々なベンダーが便利な人事システムの開発を進めています。

しかし、運用する人事システムが本当に使いやすい形で連携され、整えられているかはまた別の問題です。

「もっとスムーズに各サービスを連携できたらいいのに」
「どのシステムが相性がいいのか分からない」

同じベンダー同士のシステムを使えば問題はないのですが、予算や仕組み上複数のシステムを導入せざるを得ない企業様が多いのが現状です。

世の中には情報が溢れていますし、検索すればある程度の知識が得られます。
ベンダーに問い合わせれば回答をもらえることもあるでしょう。

とはいえ「これらの回答が常に法律上正しいか?」と言われると、そうではないこともあります。

社労士の強みは

・経営者や人事労務実務の目線に立って物事を考えることができること
・法律のプロフェッショナルであること

社会保険労務士事務所AdjustHRでは、この2つの強みを活かして、それぞれの人事システムの特徴や強みをロジカルに紐解き、提案していきたいと考えています。

「社会保険労務士選び」で チェックすべき2つのポイント!

「社会保険労務士選び」で チェックすべき2つのポイント!

私たち社労士は労働に関する法律のプロフェッショナルであり、法的根拠を持って、会社の人事労務実務の改善に当たるべきだと考えています。

point1

会社の実情・実態を理解してくれる

一つ目は、依頼する会社の実情、実態を理解してくれる社労士であるか。
「なんだ、そんな普通のこと・・・」と思われたかもしれません。

しかし、これが本当に重要なことなのです。

社会保険労務士事務所AdjustHRを立ち上げる前、私はとある会社の人事労務部長として勤務していました。
→詳しくは代表プロフィールをご覧ください

会社は、人があってはじめて成り立つものです。同時に、人と人との関係があるがゆえに「正論」「運用」だけでは太刀打ちできない非常に繊細な部分を持ち合わせています。

もちろん、社内の全ての事情を把握することは簡単ではありませが、人事労務の顧問業務は、会社で実施できて初めて意味を成します。

・「就業規則を無料で作ります!」
・「助成金○万円をお約束します!」
・「顧問契約と給与計算合わせて○円でやります!」

上記のようなセリフを出会ってすぐに口にする営業には注意が必要です。顧客の実情を知らずに、お金の約束や業務の保証は本来できないはずです。

経営者様の立場になって考えることができる社労士は、まず徹底的に相手の話を聴きます。とことん聴きます。なぜなら「会社の実情や課題、悩み」これらを知った上ではじめて適切なアドバイスや支援ができることをきちんと心得ているからなのです。人事労務部長の経験は「お客様の話を聴くことの大切さ」を私に教えてくれました。

社労士側の「理想」だけでなく、会社側の実情や実態を踏まえて一緒に考え歩んでくれる姿勢があるかどうか、しっかりチェックしてください。

point2

システムや連絡方法など会社側の
希望を一定ライン叶えてくれる

2つ目は、会社側の要望を一定ライン叶えてくれる社労士です。
1つ目の会社の実情、実態を理解してくれる社労士の話に通じるところがあるのですがこちらも社労士を選ぶ上で非常に大切なポイントです。

例えば、給与計算。
給与奉行や人事労務freeeであったりマネーフォワード給与であったり、会社によって使用しているシステムは様々だと思います。

「うちと契約するなら〇〇のシステムしか受け付けません」など、特定の給与計算システムの利用を求められたら注意が必要です。

もちろん、会社の実情や実態をきちんとヒアリングし、理解した上の提案であれば問題ありません。しかし、一方的にシステムを決められ、会社の要望を受け入れてもらえない場合は、今後あらゆる場面で社会保険労務士側の都合に合わせることになりかねません。人事労務の情報や給与計算データは、会社でしっかり整えたい情報です。社会保険労務士の都合に合わせた結果、返って手間が増えてしまうかもしれません。

自社の実務を踏まえて、別の角度から質問してみるなど「この社労士さんは本当に会社のことを考えて提案してくれているのか」をじっくり見極める時間をとってみてください。

社労士の方によっては「ここはどうしても・・・」という項目があったりしますので、全てを会社側に合わせることは難しいケースもあります。それでも「ここは融通が利きますよ」など一定ライン希望を叶えてくれるかは、社労士を見極めるポイントになると考えられます。